ソアホック

2013年12月 2日 (月)

2008年5月8日 かかとが…

669g。

58

いつもの様にひっくり返し抱っこで足の裏をきれいにしていたところ・・・

後ろ足のかかとに、毛がなくなっている部分を発見eye

Photo

右も

Photo_2

左も・・・


ソアホックになったらどうしようshock

--------------------------------------------------------
ソアホックとは

 ウサギの足の裏には、犬やネコなどのように床からの衝撃を吸収するパッド(肉球)がありません。かかとをしっかりつけて移動するため、床からの衝撃を受けやすくなっています。また足の裏の毛は体と違い、少し硬めのフェルト状の毛が密生しています。そのため「ソアホック(sore hock)」と呼ばれる足の裏の皮膚炎を起こしやすいのです。
 ソアホックは最初は小さな脱毛と発疹が見られる程度ですが、気づかないで放っておくと傷口から細菌が感染し、皮膚炎を起こし、ただれてきてしまいます。さらに乾いたかさぶたのような潰瘍から、膿がたまった膿瘍(のうよう)へと進行し、痛みのために落ち着かなくなったり、足を引きずって歩くようになります。
 もっとひどくなると、食欲が低下し、体重も減ってきます。重症になると細菌が血の流れでさまざまな臓器に運ばれ、死に至ることもあります。


参考書籍 ウサギの気持ちが100%わかる本 ~もっと、なかよし編 (SEISHUN SUPER BOOKS)

--------------------------------------------------------

その他のカテゴリー

はじめから読む

ランキング

相互リンク

愛用品

無料ブログはココログ