« 2014年10月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月29日 (水)

2015年3月31日 兔生初のつくし

昨日の夜ご飯のペレットは今日もなくなっていました。

お水も少し減っています。

普段の半分くらいの量ですが。



今日も体重測定です。

1153g。

Weight

減ってるshock

背中がさらに小さくなりました。

片手ですっぽり覆えてしまうサイズになってしまった。。。

背骨もボコボコ出ています。




なんだか呼吸がおかしいことに気付きました。

肩で息をするというか、体全体を上下させながら息をしています。

暑いのか・・・

今日はよりによって夏日だそうです。


マルカンの『うさちゃんのひんやりボード』を引っ張り出してきてケージに投入。

保冷剤を挟むタイプの冷え冷えボードです。

Hinyari_board

久しぶりですが気に入ったみたいです。


これ、寒い時にはホッカイロを挟んで使えて便利なのですが

サイズ感に問題アリなのであまり使っていませんでした。

ボードの厚みが足らないのです。

夏場、ケーキを買った時などにもらえる保冷剤って凍らせると膨張してぶ厚くなるので

ボードに挟んで閉じてもぴったり閉まらないんですよね。

(専用の保冷剤が付いていた気もするのですが、引越しの時に捨ててしまったぽいです。)

ぴったり閉じられないことでナナメになるので

たろちゃんからすると、床が坂の状態になってしまいます。

足の裏に毛が生えてるウサギちゃんがボードに乗ると滑って落ちてしまうのです。

なので前足だけしか乗せられないという・・・


加えて、ホッカイロを入れる場合には幅が小さくて、カイロがボードからはみ出てしまうのです。

ただし、保冷剤を入れて使う時には幅は大き過ぎるくらいだし、

これ以上大きいとケージの中が狭くなって邪魔なんですよね。

帯に短し襷に長し・・・

改良の余地アリだと常々思っていたのですが、今見たら2010年3月に製造中止になってましたw

現在はアルミプレートしかないみたいです。




ペレットは朝あげたものが昼を過ぎてもまだ残っています。

PM 1:00になり、このままじゃまずいと

5gのBUNNY SELECTION(バニーセレクション)でお団子作り。

パクパクと平らげました。

お団子なら食べるのねぇ。

ペレット団子卒業ならず・・・despair




食欲がないのならと、タンポポを採りに行くことにしました。


すると、つくしを発見sign01

つくしなんて何年ぶりかしら~happy01

しかも結構色んなところに生えています。

日頃、足元を見ていない事に気付きますね。

でも・・・つくしってウサギちゃんが食べても平気なの??

Horsetail

帰宅してまたググってみると

うさ飼いさんのブログでつくしを食べているウサギちゃんがいました。

大丈夫みたいです。

とはいえ、お腹の具合の悪いウサギちゃんに初めてのものはちょっと怖い。。。

という訳で1本だけにしておくことに。

For_the_first_time

始めてなのに警戒することもなく喜んで食べています。



朝のバニセレはまだエサ箱に残っていますが、

少し食べるとお腹が減る法則(?)を利用すべく、再びバニセレ10gをお団子にして出しました。

お団子だと食べるよね~。




ウンチのベタベタは取れません。

ぬるぬるする程ひどくはないですが、まだ私の手にくっつきます。

ヤクルトの量を増やした方がいいのかな・・・

でも毎日4~6mlは飲んでいます。

憶測ではありますが、人間が1日1本(65ml)でいいのなら

体重65kgの人の場合、体重1kgあたり1mlのヤクルトを飲めばいい訳で

体重1.1kgのたろちゃんは1日1ml~2mlで十分なはずです。

それとも、最低何ml飲まなければ意味がないという一定量があるのかしら・・・


だけど、これ以上増やすと糖分摂り過ぎな気がする・・・

ヤクルトって結構甘いですからね。

だからたろちゃんも喜んで飲んでくれているのですが。


でもまぁ、お腹の調子が良くなって体重が増えるのなら一石二鳥ですし

薬じゃないので副作用の心配はないから、1日10mlくらいにしてみようかな。

・・・う~ん悩ましいtyphoon



もうそろそろ夜ご飯の時間という頃になって

ようやく朝のバニセレを食べ終えました。

すぐに夜の分のペレットを追加。

もう食べ放題状態です。



お薬

朝…フィバンテル1包
   ステラロール0.2ml
   グリセリン0.5ml

夜…ステラロール0.2ml
   グリセリン0.5ml


2015年3月30日 ムコイド腸炎の悪臭からの解放

朝見ると、昨日の夜ご飯のBUNNY SELECTION(バニーセレクション)を完食していました。

そしてなんとぷるぷるの健康な盲腸糞が出ましたsign03

Dewlap







病院に電話し、

時間をかけながら普段通りの量のペレットとチモシーを食べられる様になったことや、

寝そべる時には必ずお腹の下に入れていた左手が

顔の下に置く様にもなったこと、

走る時はひきずったりせず、右手と左手を同じ様に使っていること、

暑い時は両手で床をホリホリできていることなどを報告しました。

ステラロールだけを半分の量に減らすことになり、

「フィバンテルが切れる前にもう一度来てもらいましょうか」ということで

次回の診察の予約をしました。





というか・・・やっぱりたろちゃん軽いです。

背中がこぢんまりして肉が全然ついていないし、全体的にひとまわり小さくなった気がします。

ストレスはかけたくないけど仕方ない・・・

たろちゃんの大嫌いな体重測定を敢行しました。


1183g。

Weight_loss

めちゃくちゃ減ってるーsign01

普段は1.4kg以上あるのに。。。

体重が25%減少するということは

50kgの人間の場合38kgになるということ・・・

えらいこっちゃshock



ペレットを一気に食べられないのは胃が小さくなっちゃったのかも知れません。

ほんと、ウサギちゃんの体はほんの数日で変化してしまうのですね。。。


さて体重を増やすにはどうしたらいいものか。

やっぱりアルファルファかなぁ。

アルファルファキューブと追加のバニセレを5g投入。

追加したペレットはあっという間に食べてしまいました。

食欲はまずまずです。




でも何か変。

今日はなぜかずっとラグと引き戸の間の溝にいます。

Lie

2日前もここで伸びていましたが、元気だった時はこんな所でゴロンしたことないのです。

しかも何度も床をホリホリしています。

今日は暑いからなぁ。


たろちゃんは暑いとホリホリします。

野生のウサギちゃんなら、地面を掘れば下から冷たい土が出てきて

ひんやりした寝心地を味わえるのでしょうが、

飼いウサギのたろちゃんは、いくらホリホリしても何も掘れません。

しかもホリホリしてひんやりを味わえたことがないという事実に、なぜか気付いていません。

体を動かすことで余計暑くなっていると思うのですが、

本能には抗えないんですねぇ。



ところで、今日は何だか頭が痛いんです。

私はたまに、具合の悪い人のそばに寄ると

その人と同じ所が痛くなったりします。

(人に話しても信じてもらえないだろうと思うので

あまり人に話したことはないですが)

あぁそうか、たろちゃんは頭が痛いのだと気付きました。

薬の副作用かなぁ。





お昼を過ぎ、ペレットとチモシーを食べているのに、お水を全然飲んでいません・・・

ペレットにはおそらく塩が入っていて食べると喉が乾くので

普段ならペレットを食べたらすぐにお水を飲むのです。

チモシーも水を飲まないで食べるのは大変そう。

(赤ちゃんの時も水なしでモリモリ食べていましたが)



そんな折、ちょうどTVで仁の再放送をやっていて、

コロリ(コレラ)の治療をする為に、南方先生がORS(経口補水液)を作っていました。


おおそうだflair

ポカリを飲ませてみようと思い出しました。

ペレット団子を作っていた時はポカリを混ぜていたのですが、

お団子をやめてポカリの存在を忘れていました。



病院で処方された粉ポカリをお湯で溶かし、

水で薄めてウォーターボトルの中に入れてみましたが

そもそもお水を飲もうとしないので

いつもよりおいしくなっていることに気付いてくれません。。。


結局、

ボトルに入れたものより少し濃い目に作ったポカリを、ひっくり返し抱っこで飲ませました。

すごい飲む・・・eye

そして突然「フガッ」といいました。

ウサギの鼻と口が内部でどんな構造になっているのかは分かりませんが

勢いよく飲みすぎてお鼻の方に入っちゃったぽいです。。。

なので、まだ飲みそうでしたが40mlくらい飲んだところでやめました。



その後しばらく、フガッ ブシュッっといっていました。

お鼻に水が入ると痛いよね・・・

ごめんよたろちゃんbearing




夜ごはんの時間になり、ケージを開けてペレットをあげたところ、普通に食べ始めました。

よかった。

でもすぐに食べるのをやめ、何か物足りない顔で

ケージから出てきてしまいました。

でも出たら出たでケージの前でつまらなそうにしています。





・・・あ、お薬ねw

お薬をあげるのを忘れていました。



病院で看護師さんに、お薬は食前と食後どちらがいいのか聞いた時、

食餌でお腹がいっぱいになってお薬を飲めないと困るので

食前の方がいいと言われたのですが、

やはり薬なので、空腹時に飲むと胃がやられてしまうのではないかと心配していました。

人間は、胃が荒れるのを防ぐ為に食後に薬を飲む訳ですし・・・

でもたろちゃんの場合、『お薬をもらえるまで食餌を食べない』という理由で

食前の方がいいという結論になりました。

ご飯を食べてくれないのでは、食後にお薬をあげられないですからねぇ。



大喜びでお薬を飲むと、またペレットを食べ始めました。

でも結局、すぐに食べるのをやめてしまいました。

やっぱり一度にたくさんは食べられない様です。




深夜になり、コロコロうんちのニオイがなくなりました。

助かった・・・

あのニオイは私にとってもつらすぎる。。。

でもまたコロコロうんちがぬるぬるしてきました。

一進一退・・・




お薬

朝…フィバンテル1包
   ステラロール0.4ml
   グリセリン0.5ml

夜…ステラロール0.4ml
   グリセリン0.5ml


2015年3月29日 ペレット団子卒業

朝、ゆるゆる盲腸フンがケージの中にいくつも落ちていました。

普段通りのサイクルに戻ってきたのかもsign01

欲を言えば、ゆるゆるじゃない盲腸フンが出て欲しいのですが

そこまで高望みはしません。



昨日までキツイにおいを発していたコロコロうんちは

だいぶ臭わなくはなったものの

このもわっとしたニオイは・・・まだまだツラいです。

たろちゃんもツラいのかしら。

日頃、掃除をさぼってトイレが臭うと怒りますから、

腸炎のツラさとニオイのツラさがダブルだとすると可哀想。。。



夜の間に普通のBUNNY SELECTION(バニーセレクション)12gを完食していたので

昨日は36gのペレットを食べることができました。

1日36gはうっ滞になる前と同じ量です。



今日もMSライフケア1包(6g)でペレット団子を作って食べさせましたが

これで、病院で処方されたMSライフケアが終了しました。

時間はかかるものの、通常の量の食餌ができる様になったので

お団子作りは最後にすることにしました。

Last_supper












さいご!?


お薬を飲ませ、ペレット団子を作るのに1時間かかります。

しんどかった・・・

赤ちゃん時代のペレット流動食を飲み込んでくれなかった時の苦労に比べれば

はるかにラクですが、

やはり普通のペレットを自分で勝手に食べてくれるありがたさを思い知ります。。。




少しマッサージをした後

トイレですかしっぺをし、モーレツにチモシーを食べ始めました。

ガスが溜まっていたんだねぇ。


しばらくしてまたマッサージ。

左手をお腹にあて、右手で背中をもみもみすると

たまに胃のあたりがピクッと動きます。

そして、お腹がこぽぽぽと鳴りました。

蠕動運動(ぜんどううんどう)してる~。

ウンチの出なかった時には聞けなかった音です。



夜ごはんは普通のバニセレだけを出してみましたが

待ってましたと言わんばかりに食べ始めました。

勢いがあるのは始めだけで

ちょっとずつしか食べないのですが。。。




コロコロうんちのぬめぬめはまだ残っていますが、

今のところムコイド腸炎の治療は何もしていないので

1日に何度も飲ませてきたヤクルトは効いているんだと思います。

(ムコイド腸炎がひどい場合には腸を洗浄したり、

バイ菌を殺す薬や、出血がある粘膜を治す薬を使うそうです。)



それにしても、体重が減ったのを感じます。

ウンチが出るまでずっしりとしていたのに

今は拍子抜けするくらい、ひょいっと持ち上がってしまいます。

明日、久しぶりに体重測定をしてみよう。

おとなしく量らせてくれるかな・・・


お薬

朝…フィバンテル1包
   ステラロール0.4ml
   グリセリン0.5ml

夜…ステラロール0.4ml
   グリセリン0.5ml



2015年3月28日 食欲不振に有効な秘策

夜の間にBUNNY SELECTION(バニーセレクション)6gを食べきっていました。

昨日同様、チモシーも散乱しています。



今日も粉ペレット(MSライフケア6g)でお団子を作りましたが、半分近く食べ残しました。

たった6gのペレットを食べきれないなんて・・・

お顔の前に置いてもぷいっと横を向いてしまいます。


食欲が・・・ない。


プリンぺランは昨日の朝飲ませたのが最後の1袋だったので

もう飲ませる事ができません。

食欲が戻ったのかと思っていたら、薬が効いていただけだった様です。。。




ずっと盲腸フンが出ていないことが気になっていましたが

うっ滞になって以降初めての盲腸フンが出ました!

・・・いつもの下痢みたいなゆるいのが1本(?)だけ。

もちろん食べません。




食欲がない時といえば、たんぽぽ。

経験から学んだ、食餌療法です。

しかもたろちゃんの大好物。

早速摘みに行きました。

真冬じゃなくて良かった~。。。


でも、いざ探してみると案外見つからないのです。

雑草が生い茂っている場所には特になくて

アスファルトとブロック塀の隙間とか

コンクリートと自動販売機の間とか、電柱の脇とか

根性を感じさせる様な生え方をしているものが多いです。

そしてホコリまみれ。。。

犬のおしっこもかかっていそうです。

それに、いざ摘もうと思っても

似たような葉っぱで白い花を付けている草もあったりして

これは本当にタンポポなのか・・・?という不安がよぎります。

タンポポに似た毒草だったらどうしよう・・・と。

たろちゃんの体に毒さえなければタンポポじゃなくても良いんですけどね。。。




あちこち歩き回り、黄色い花やつぼみが付いている葉っぱだけを選んで

4か所で採取しましたが、

自信がないので、日向ぼっこしていたお花屋さんのおばあちゃん(初対面)に

葉っぱを見せ「これってたんぽぽですかね?」と聞いてしまいました。

「うん。間違いなくたんぽぽ」と笑顔でお墨付きを頂きました。



でも、帰宅してよく見てみると

葉っぱの先が矢印の様に尖っているものと

丸みをおびているものの2種類あることに気付きました。

あれれ?どういうこと??

Dandelion

ググってみると

セイヨウタンポポ、カントウタンポポ、カンサイタンポポなど色々種類がある様です。

在来種と外来種があるのは知っていましたが

日本の在来種だけでも色々種類があるのは知りませんでした。

この葉っぱがどのタンポポなのか

(というか、本当にタンポポなのか)を

どう判断すればいいのかを探しましたが、

種類の見分け方は、外総包(がいそうほう)という

花びらを支える外側の部分の反り返りで判断するといった記述が多く

葉っぱで見分ける方法が見つかりません。。。

あいにく、花は採ってきていません。

しかも1990年代から在来種と外来種との雑種が見られる様になったとかで

専門家でも判断できないみたいです。


でも、タンポポの葉っぱの形状は

発芽からの生長にともなう変化、日当たりの良さなど育つ環境による変化により、

大変異なるということが分かりました。

おそらくどちらもタンポポだということで、たろちゃんに食べさせることにしました。



写真を撮ったりググったりしている間

ニオイですでにそわそわしていたのですが、

タンポポを差し出したらあっという間に食べてしまいました。

Bunnydandelion

2~3枚食べさせたところで一旦やめて、

先ほど食べ残していたペレット団子を差し出してみたところ

ペロっと食べました。


また2~3枚タンポポをあげてから、

フィーダーにチモシーを入れてみるとチモシーを食べ始めました。

タンポポの食欲増進効果すごい!

プリンぺランをはるかにしのぐ即効性。

チモシーをちゃんと食べている姿を見るのは4日ぶりです。

カリカリの状態のバニセレを12gあげたらこれもガツガツ食べています!



PM 3:00、8:00、AM 0:00にヤクルトを各1ml飲ませました。

夕食は、たんぽぽとペレット団子(MSライフケア6g)と普通のバニセレ12gです。




腹這いで休む時、たまに左手がお顔の下にくる様になりました。

このまま元に戻って欲しい。。。



お薬

朝…フィバンテル1包
    ステラロール0.4ml
   グリセリン0.5ml
   MSライフケア1包

夜…ステラロール0.4ml
   グリセリン0.5ml
   MSライフケア1包



2015年3月27日 強制食餌よりペレット団子

夜の間にBUNNY SELECTION(バニーセレクション)を完食していました。(2日かけて18g)


チモシーも散乱しています。

少しは食べたのかな。

昨日まではフィーダーに差さったまま全く手つかずでしたからね。


粉薬はまとめてヤクルトで溶いてシリンジで強制食餌、

粉ペレット(MSライフケア)と粉末ポカリを混ぜ、流動食にしてこれまた強制食餌。

たろちゃんの大嫌いなひっくり返し抱っこの連続です。

普段なら嫌がって私の腕から飛び出して行こうとするのですが、

体力のない今のたろちゃんはおとなしく飲まされています。

Force_feeding

左手は相変わらず力が入らない様です。

腹這いで寝そべる時、普段なら顔の下あたりに両方の前足があるのですが

左手は後ろ向きで腕ごと体の下に入れています。

座っている時も、右手で体重を支え、左手はお腹の下にあります。

Paralysis



うんちはまだ茶色い粘液がついてベタベタしています。

そしてクサい。。。

どこかで嗅いだことのあるニオイだと思っていたのですが、やっと思い出しました。

焼く前のカップケーキです。

ヤクルトを飲ませているからバターの様なニオイがするのでしょう。

Plop









←ムコイド腸炎のたろちゃんのウンチ


そういえば、以前もこんな茶色いネバネバを見たことがあります。

床に落ちているウンチを拾って捨てようとするとベタベタしていて

手にくっ付いて離れないことを奇妙には思いましたが、

ウンチに茶色いものが付いていることは別段、不思議には思わなかったのです。

今思うと、その時もムコイド腸炎だったのでしょう。

茶色いのは古い血なのかも知れません。

良くないサインは以前にも出ていたのね。。。



ヤクルト飲んで早く治そうね。

Yakult



動物病院に電話して、経過を報告しました。

左手の状態を話したところ、先生曰く「その方がラクなんでしょう」とのこと。

なるほど。

ありえない方向を向いている左手を隠す様に寝そべる姿が痛々しくてかわいそうだったけど

お手手を前に出す方が大変なのね。

月曜日にまた電話で状態を教えてくださいとのことでした。




病院で処方された粉ペレット(MSライフケア)は

流動食ではなくお団子にして出してみることにしました。

たろちゃんはペレット団子が大好きなのです。

Dumplings

ひっくり返し抱っこが嫌いなたろちゃんのストレスを減らす為ですが、

私としてもシリンジで与えるよりラクです。

Dumpling

あっという間に食べてしまって

写真を撮る暇をくれませんでしたw



1日かけて粉ペレット4袋分のお団子を食べました。

流動食と合わせると30gのペレットを食べたことになります。

それでも、普段食べている量に満たないので

いつも食べているバニセレもエサ箱に入れておくことにします。


お薬

朝…フィバンテル1包
    ステラロール0.4ml
   グリセリン0.5ml
   MSライフケア3包
   プリンぺラン1包

夜…ステラロール0.4ml
   グリセリン0.5ml
   MSライフケア2包



2015年3月26日 うっ滞と左前足麻痺の原因とは

起床してすぐにたろちゃんのケージを覘きました。

生きてた・・・

よかった。。。

寝床に敷いたペットシーツの上でおしっこも少し出ていました。


ちなみに、泣きながら寝た私の瞼は腫れてえらいことになっていました。。。

(二重瞼が一重になり、普段の半分くらいしか目が開きません。かなりブサイクです)


すぐに、ヤクルトで溶かしたプリンぺランを飲ませました。

相変わらず良い飲みっぷりです。



たろちゃんを抱き上げるとずっしり感じます。

出てないウンチの分、体重がかなり増えた気がします。

そしてやっぱり左手がおかしい。

今日もふにゃふにゃで力が入っていません。


とにかく、おしっこが出る様になったので、水分だけでも与えなければなりません。

腸を動かしてウンチを出させる為にもヤクルトを1ml飲ませました。

Yakult

たのむsign01生きて腸まで届く乳酸菌sign03

シリンジをかじりながらおいしそうに飲んでくれました。


AM 9:00になり経過を報告する為、動物病院の留守電にメッセージを残しました。

その後 先生から折り返しの電話を頂き、左手の麻痺を相談したところ、

「うっ滞は毛玉が原因といわれてきたけど、それ以外の原因もある。

脳みそが消化器に指示を出せなくなっているのかも知れない。」

とのことでした。

「今日は激混みなのでだいぶ待つかも知れないけど来られますか?」と聞かれ

「すぐに行きます!ありがとうございます!」と電話を切りました。


かくして今日も病院へ行くことになりました。

目が腫れているので外出することに抵抗はありますが

そんなこと言ってる場合じゃありません。

むしろ忙しい中、時間を作ってもらえるのはありがたいです。



タクシーで病院へ向かい、11時頃到着しました。

休診日の翌日だからでしょうか、やはり混んでいます。

(こちらの病院はだいたい混んでいますがw)

病院の待合室には診察の順番を待つウサギちゃんと飼い主さん達が数組いたのですが、

看護師さんが昨日と同じ様にヒーターと酸素を用意してくれました。


診察室に呼ばれ、早速触診。

昨日はパンパンだったお腹が柔らかくなっていると言われ、ホッとしました。

ウンチは出なかったけど、ツボ刺激の効果はあったのね・・・good

よかったheart02


次は左手の診察。

レントゲンを撮ることになりました。

Hospital



結果は、骨折でも脱臼でもありませんでした。

麻痺する様な原因はレントゲンからは分からないそうです。

手首もひじもブラブラで力が入らない状態なので

問題があるとすれば肩(上腕骨の付け根)の部分なのだそうですが

そこに異常はないので、異常があるのはやはり脳の方ではないかと・・・

左手の麻痺は今回のうっ滞と関係があるのかを尋ねたところ、

消化管の治療に反応してくれないので

器官だけの問題ではないだろうとおっしゃっていました。



開帳肢(かいちょうし)など運動機能のことで急におかしくなるのは

前脳(大脳)の障害による症状なのだそうです。

(ちなみに、小脳をやられると首が曲がる(斜頸になる)のだそうです。)

そして、脳の障害によって自律神経の働きも調整できなくなり、

脳からの信号が胃腸の方に届かなくなった可能性があるとのことでした。

胃腸と前足の異常はどちらが先という関係ではないみたいです。

電話でおっしゃっていたのはこういう事だったのですね。


たろちゃんの脳には既にエンセファリトゾーン(微胞子原虫)が

寄生していることが分かっていて、過去に何度も発症しています。

免疫が不安定になり、エンセファリトゾーンの感染が進んで

脳に障害を及ぼしたということなのでしょう。


なぜ免疫が不安定になったのかが気になりますが

寒さが原因だったのかどうかは分からないそうです。

「何かきっかけはあるだろうけど、

暖かくしてあげても発症する時はするし、

撫でてあげてずっとそばにいても発症する時はするんです。

大事なのは、発症と思われた時にいかに早く治療するかじゃないかと思うんです。」

とおっしゃっていました。

脳幹にダメージが加わると、即死なのだそうです。

なので、脳幹をやられる前にストップするきっかけをもらえたと考えられるのではないかと。



食欲を戻すのと同時に、フィバンテルというお薬で

エンセファリトゾーン症(Ez症)の治療をすることになりました。

加えて、ステラロールというステロイドのお薬を用いるそうです。

副作用に注意が必要なので

様子を見ながら量を減らしていこうとのことでした。

脳が腫れる為、グリセリンで脳圧を下げる必要もあるそうです。



ひとつ心配なことが・・・

たろちゃんはただでさえ後足のかかとに体重をかけて座るので

左前足に体重をかけていない今

ソアホック(飛節びらん)がひどくならないかということです。

それを相談したところ、

「基本的には膝の裏のリンパ節が腫れていなければ僕は全く治療しません。

深刻にならなくていいと思います。」

とのことでした。


そして、以前しっぽをウンチでカチカチにして

立つ為の板の様にしているウサギちゃんがいたというお話をしてくれました。

3本目の後ろ足みたいな感じですね。

衛生的にしようと思ってしまいがちですが、

取ろうと思えばウサギ自身で取れるから変にいじらない方がいいと言われました。

また、病気の子が毛玉を作るのも何か意味があったりするので

人間が取ってしまわない方が良かったりするのだそうです。


あえて付けているのか、うっかり付いちゃっているのかを

見極めるのは難しそうですが、思い当たるフシが・・・

たろちゃんも食べ残した盲腸フンをいつも足の裏につけています。

かかとの毛がハゲた部分をガードしようとしているのかも知れませんねぇ。

だとすると凄いけど、

足の裏にうんちが付きっぱなしなのを放っておくのは・・・

つらい。。。



また、ソアホックが怖がられる理由として、ウジ虫が湧くというのがあるそうです。

ウジ虫は唾液の中に局所麻酔剤が入っている為、

ウサギに分からない様に生きた細胞を食べてしまうのだそうです。

ウサギちゃん自身、痛みを感じないのですね。

現在は室内で飼われているウサギが多いものの

外で飼われることが一般的だった時代は、ウジ虫が湧いていることに飼い主さんも気付かず

病院に連れて来る時には、もうウジだらけという状態になっていることが多かったそうです。

そうなると命に危険が及ぶけれど、今は大丈夫でしょうとのことでした。



以前テレビで、火傷の治療にウジ虫を使っている病院の映像を見たことがあり、

腐った皮膚だけを食べてくれるのかと思っていたのですが、

ちゃんと管理しないと生きている皮膚も食べちゃうのですね・・・

衝撃的なお話でした。。。




診察が終わり、看護師さんから強制食餌とお薬の説明をしてもらいました。

種類が多く、1日に3回与えなければならない薬もあったりして

時間的な厳しさを心配して下さったのか、

精神的な負担を気にかけて下さったのか、

「大丈夫ですか?」と優しい言葉をかけられ

思わず涙が・・・weep

起きたら死んでいるかも知れないと思うとロクに眠れず睡眠不足だった上

優しくされて弱い部分が出てきてしまいました。

一度涙が出てしまうとなかなか止められず、

それでもお会計が済むまではなんとか耐えていたのですが

病院を出ると同時にぽたぽたとこぼれ落ちてきました。

そんな状態で信号待ちをしていたら

なぜか看護師さん(先程とは違う方)がこちらに走ってくる・・・

診察券を受け取っていなかったらしく、あわてて持ってきてくれたのでした。

色んな人に泣いているところを見られちゃいました。。。

----------------------------------------------------------
診察料            \1,000
レントゲン検査       \6,500
内用薬(グリセリン)    \1,000
内用薬(ステラロール) \1,000
内用薬(フィバンテル)  \2,000
MSライフケア       \1,500
電解質サポート      \  520
シリンジ類 消耗品   \  700

         計     \15,357
----------------------------------------------------------
交通費   \ 4,880



帰宅してすぐにお薬を飲ませました。

Medicine




PM 2:00になり、ウンチが出ましたhappy02

小さなコロコロうんちに、

昨日病院で出たのと同様の赤いゼリー状のものが大量にまとわりついています。

血とムコイドです。

先生に、「ウンチは1回も出ていません」とお話しした時

出たウンチを自分で食べた可能性もあるとおっしゃっていましたが、

たろちゃんは跡形もなくウンチを食べられる様な器用な子ではないので

それはないかな~と思っていました。

この、ゼリーたっぷり状態のウンチを食べるとも思えないし、

やっぱり浣腸以降出てなかったぽいです。

苦しかっただろうねぇbearing



うんちが出たとたん水を飲み始めました。

自力でお水を飲むのは2日ぶりです。



粉ポカリ1g、お湯20g、MSライフケア1包(6g)を混ぜて、シリンジで強制食餌したところ、

2回に分けるつもりがあっという間に食べてしまいました。。

普段ぽろぽろ出している量には及ばないものの

溜まっていたウンチが次々と出てきます。

よかった よかったcatface


ただ・・・このウンチ、粘液がベタベタ。

しかも、ものすごくクサいーsad

盲腸フンの様なツンとくるニオイではなく、もやっとした変な悪臭です。

古い天ぷら油の様な感じ。

これが悪玉菌のにおい・・・?




PM 5:20と10:15にヤクルトを各1ml飲ませ、

11:00粉ポカリ1g、お湯20g、MSライフケア1包(6g)を混ぜてシリンジで強制食餌。

チモシーはまだ食べられないけれど、

自分でエサ箱のBUNNY SELECTION(バニーセレクション)を食べることができましたhappy02




たろちゃんの背中を触ってみると

軟骨みたいにカチカチだった背中の筋肉(広背筋)が

いくらか柔らかくなっています。

昨日は背骨がどこだか分からないくらい筋肉が張っていて

上から指でなぞって触らないと背骨の凹凸を確認できなかったのですが

今日は筋肉が背骨よりもだいぶ低くなり、

人差し指と親指で背中をつまむだけで背骨の横のところを触ることができます。

(背骨をつまめる感じ)

普段意識して触ったことがなかった場所なので

通常の状態が分からないままマッサージしていたのですが

普段からあちこち触っておいた方がいいですねぇ。

Taro










お腹らくになった


たろちゃんをひとりで逝かせるのだけは絶対に嫌だったので

昨晩は徹夜をしようかと悩んだのですが、

今夜は安心して眠れます。


お薬

昼…フィバンテル1包
    ステラロール0.4ml
   グリセリン0.5ml
   MSライフケア1包
   プリンぺラン1包

夜…ステラロール0.4ml
   グリセリン0.5ml
   MSライフケア1包
   プリンぺラン1包


2015年3月25日 たろちゃんを病院へ緊急搬送

朝起きてたろちゃんのケージを見ると

昨日の夜ご飯のペレットが手付かずでエサ箱の中に残っています。

ペレットの上に乗せた、大好物のえん麦(1粒)にすら手を付けていません。

チモシーも昨日フィーダーに差したままの形です。

お水も全然飲んでない。


しかも、普段なら片手で持ちきれないくらい落ちているはずのウンチが1つも落ちてない!


まずい・・・


今までの経験から、たろちゃんがご飯を食べない時は緊急事態だということは分かっています。

しかも今回はウンチが出ていません。

たろちゃんが便秘になったのは初めてです。



またしても、かかりつけの病院が休診日というタイミングの悪さ・・・

(前回の不調も休診日でした)



しばらく様子をみるべきか悩みつつ、おろおろしながら取り敢えず自分の朝ごはん・・・

でもやっぱり電話だけでもしてみようと思い

まだAM 7:00過ぎでしたが動物病院にTELし、留守電に事情を説明しました。

子ウサギ時代のたろちゃんはさいとうラビットクリニックにかかっていましたが、

2011年に都内から今の所へ引っ越して以降、診て頂いている病院です。

(引越す際、たろちゃんにもしもの事があったら、こちらの先生に診てもらえる様に

今住んでいる地域を選んだと言った方が正しいのですが。)




その病院の診察時間は10:00からなのにも関わらず、30分ほどで折り返しの電話をもらえました。

やはり急性のうっ滞だそうです。

休診日なのに診てもらえるそうで、動物病院へ行くことにしました。



電話で先生から聞いたところによると

ウサギちゃんは気温差5℃で具合が悪くなってしまうそうです。

たった5℃・・・

人間からしてみれば5℃なんて大した気温差じゃないですが

毛皮を脱いだり着たりできないウサギちゃんには大問題なんですね・・・

ここのところ、気温差で具合の悪くなったウサちゃんが多く訪れているそうです。



今まで、夏の暑さにはだいぶ気を使ってきましたが

具合が悪くなるのは決まって冷え込んだ時です。

分かっているのに・・・

最近暖かくなってきたから油断してたな。。。

真冬の間は夜もずっとエアコンをつけたままにしていたのですが

先月の電気代が2万円を超えてしまい、最近はエアコンを消して寝ていました。

遠赤外線のラビットヒーターがあるから大丈夫だろうと思っていたら、

大丈夫じゃなかったみたいです・・・




タクシーで病院へ向かい、約束の時間より少し早く到着しましたが

すでに待合室にたろちゃんの為のペット用ヒーターと吸入用の酸素が用意されていました。

ありがたいです。


ボード型のヒーターの上にたろちゃん入りのバッグを乗せ、

酸素の出てくるシリコンチューブをたろちゃんの鼻先に当てていると

すぐに診察室に呼ばれました。

Oxygen_inhalation







触診の結果、 現在、お腹の中で洋ナシ状に毛が溜まっているとのことでした。

先生が親指と人差し指で輪を作るジェスチャーをし

こういう丸い塊になるともう手がほどこせないとおっしゃっていました。



また、脱水症状になっているそうで、首の後ろの皮をつまんで見せてくれました。

通常はすぐに皮が元に戻るけれど、

固くなかなか元に戻らないと脱水症状なのだそうです。

首の後ろから点滴をしましたが、注射針を刺されてもたろちゃんは全く動じませんでした。

赤ちゃんの時は、血液検査で大暴れしたらしいのに。

(他の病院で検査をしたのですが、

たろちゃんが別室に連れて行かれてしまった為、私はその現場は見ておらず、

後から獣医さんに聞きました。)

おとなしく点滴された姿に驚く私に

「お腹が痛くてそれどころじゃなんでしょう」と先生。

納得しました。

もちろん、こちらの先生の腕の良さもあるでしょうが、

注射されたことに気付かないくらい弱ってるのねdespair



点滴の管から薬や痛み止めも入れてもらえました。

静脈の輸液は5時間くらいかかるそうですが、皮下の場合はすぐに終わるそうです。

背中に注入した液体はこぶの様な状態になり、

必要な分だけ体に吸収していくとのことでした。



浣腸もしました。

すると肛門から赤いゼリー状のものが出てきました。

浣腸は透明の液体です。

それが赤くなって出てくるとなると

「血!?」

思わず声が出ていました。

血便・・・

腸が出血しているということよね。。。

そりゃたろちゃん痛いよね。。。

たろちゃんに腹痛(しかも激痛)があるなんて思いもしなかったのですごくショックでした。


出血はムコイド腸炎によるものだそうです。

ムコイド腸炎とは粘液性腸炎のことで

血と一緒に出てきたゼリー状のものは、腸が出した粘液なのだそうです。

腸の中の環境がアルカリに傾くことで悪玉菌が増え、悪いガスを出すので、

そのガスが体に吸収されるのを防ぐ為、粘液が出て腸を保護しているとのことでした。



お腹のマッサージをした方が良いのか聞くと

お腹は触ると痛いだろうから

背中をマッサージしてあげるといいと言われました。

肋骨の最後の所から指1本分後ろの場所だそうです。

たろちゃんの背中を触ると固くなっているのが分かります。



先生に「僕はまだ諦めていません」と言われ、事態の深刻さを知りました。

もう少し放置していたら命をあきらめなければならない程の状態だったなんて。

というか・・・覚悟しておく様にと遠回しに言われたのかしら。。。

うさぎちゃんは様子がおかしくなってから24時間が勝負だそうです。

たろちゃんはご飯を食べなくなってから病院へ連れて行くまで12時間でした。

すぐに診てもらえてよかった。

----------------------------------------------------------
診察料            \1,000
時間外・休日診療      \2,000
皮下点滴          \3,200
内用薬(プリンぺラン)    \  900
浣腸             \1,500
内用薬(診察中投薬)   \  300

         計      \9,612
----------------------------------------------------------
交通費    \4,970



ホッカイロで背中を温めてあげる様に言われました。

温めるのはお腹より背中がいいそうです。

我が家では、たろちゃんのもしもの外出の時の為に常にホッカイロを用意してあるので

今日も出かける前、うさんぽバッグにホッカイロを入れてありました。

ホッカイロで背中をなでなでしながら帰宅。



帰宅して改めて首の後ろを触ると、点滴のコブはありませんでした。

即座に吸収されちゃったみたいです。




何時間かすると、腹這いになってくつろぐ様になりました。

痛み止めが効いてきたのかも知れません。

でもウンチは1回もしません。

たまにトイレに座っておしっこをしようとしていますが

たぶんおしっこも全然出ていません。

(トイレ砂が黒い上に前日のおしっこがあり確認できず)



ペレットの入ったエサ箱を覘きこむしぐさを何回かしていました。

大好きなペレットが目の前にあるのに、食べられないのはつらいね・・・



赤ちゃん時代のたろちゃんがペレットを食べなくなり

人参やバナナをたくさん与えていた頃、

ウサギちゃんはお腹の中に草がなくなってはだめなんだと

獣医さんに教わったことは今でもよく覚えています。



このままじゃまずい。



本当にヤバい。



そうだflairたろちゃんの大好きなペレット団子を作ってあげよう。

食べて胃腸が動けばウンチも出るかも知れない。


お湯でふやかしたペレットを潰して、

米粒くらいの大きさにして丸めたものを口脇から入れます。


飲み込んだ!

それを何回か繰り返しました。




・・・でも、ウンチが出ていない状態で食べるのはどうなんだろう。。。

人間だったら便秘でも食事すればそのうち出てくるけど、

自力で食べられないウサギちゃんのお腹はすでにパンパンなのでは・・・



だんだん不安になり、

結局1~2gあげたところで辞めました。

その代りに、自分で食べてくれることを期待して直径1cmくらいのお団子を3つ作り、

ケージの中に置いておくことにしました。



万策尽きてしまい、とにかくうっ滞に効くマッサージをしました。

私にできる事ってもうこれしかない。。。

マッサージ大事典 を読んだところ

『肋骨の後ろから2~3番目あたりの背線に沿ってツボ「胃兪」があります』

と書いてありました。

ツボなのか!

Acupuncture_points

↑参考になればと思い、●を付けてみました。たぶんこの辺です。

もみもみしながら少しずつ指をずらしていくと、肋骨と腸骨の中間あたりに

お腹の筋肉がピクッと動くポイントがあります。

おそらくそこがツボなのではないかと思います。

Massage

あまり長時間やって、揉み返しが来たらかわいそうなので

たろちゃんが嫌がったらやめてホッカイロで温め、

30分くらいしたらまたもみもみ・・・というのを1日中やっていました。

Body_warmer



PM 4:30になり、少し早いけど処方してもらったプリンぺラン(粉薬)を水で溶いて飲ませました。

今は喉も乾いてるんだろうけど、たろちゃんは子供の頃からこれが大好きです。

お薬が好きなのはこういう時ほんとに助かります。。。



その後、おしっこが少し出ました。

トイレではないけどw

いつもならダメ!って言うところですが、もう、どこでもいいからして欲しいweep

おしっこが出せて少し楽になったのか

ケージに入れておいたペレット団子は自分で食べることができました。

チモシーも自ら食べましたが、こちらはひとくちで辞めてしまいました。

食べたい気持ちがあるのに食べられないんだね。。。




たろちゃんの前で心配そうにしてはいけないと先生から言われました。

ウサギちゃんが『ボクはそんなに重症なの!?』と思ってしまうそうです。

なのでお風呂で思い切り泣きました。

別にお風呂で泣こうと決めていた訳ではないのですが

たろちゃんから離れると張りつめていたものが急にゆるんでしまったみたいです。

一度涙が出ると止まらなくなり

嗚咽するくらいの大泣きになってしまいました。



ずっと一緒だったのに・・・



7年も一緒にいたのに・・・



たろちゃんがいなくなることなんて考えられないcrying





・・・そういえば、人間の便秘といえばヤクルトsign01

ウサギにも悪いはずがない。

なぜ気付かなかった。。。

これまでも、盲腸フンがやわやわだった時などお世話になっていた

たろちゃんの大好物です。


急いでコンビニへ買いに行き、本日2回目のプリンぺランはヤクルトで溶いてシリンジで飲ませました。

出すスピードが遅いと、シリンジをかじって自力でヤクルトを出そうとします。





ぼんやりとたろちゃんを見ていて、ふと気付きました。

左の前足の位置がおかしい・・・

後ろに隠すみたいに、左足だけ後ろ足の間にはさんで座っています。

右足はいつもの様に前に出しているのに。

ひっくり返し抱っこをし、左手を持ち上げて離すと、付け根からだらんと下に落ちます。

まるで力が入っていないのです。



どうして・・・



右手は手をグーにしようとするみたいに指に力を入れるのに、左は指も手首もふにゃふにゃです。



脱臼・・・?



麻痺・・・?



なんで・・・



どうしちゃったの・・・crying



寝るのが怖くてたまりません。



朝起きたら冷たくなっていたらどうしよう・・・



息をしていなかったらどうしよう・・・



たろちゃんがいなくなったらどうすればいいのsign02










お願い死なないで
crying









お風呂で散々泣いたのに、布団に入ったらまた泣けてきました。

涙が止まらないweep


2015年3月24日 リアルタイムで進行中のうっ滞

たろちゃんの子供時代のお話が終わっていませんが 現在の状況を書くことにしました。


先月の出来事です。



私は翌日(3月25日)に朝から病院に行く予定で、

早く起きなければならない為、いつもより早く寝ることにしました。

なので、たろちゃんの夕食の時間も普段より2時間前倒しすることにしました。


というのも、たろちゃんはペレットを食べてから 部屋んぽをするスタイルなので

夕食を前倒ししないと部屋んぽをさせてあげられなくなるのです。

もうずっとそうしてきたので ケージが開いたらご飯!と刷り込まれてしまっています。

部屋んぽをしてから食餌というのは 納得してくれません。

ケージを開けてペレットをあげ忘れていたら、怒っておしっこされたことが何度もあります・・・

ちなみに、ご飯の時間じゃなくても ケージが開いてご飯が出てこないと怒ってたりしますw



そんなたろちゃんなのに・・・



ケージを開け、えん麦とペレットをあげましたが ご飯には見向きもせず

お気に入りの場所へ走って行ってしまいました。



ん?



こじんまりと座っています。




いつもより時間が早いから、ご飯の存在に気付いていないのかしら?

それともまだおねむ??



鼻先に大好物のえん麦を持っていき 「ご飯だよ~」と言っても無視。

エサ箱に入っているペレットも完全スルー。





結局、いつもの夕飯の時間になっても 食べようとする気配がまるでありません。

普段ならご飯出せー!とケージをガリガリかじって催促する頃なのに。




うっ滞だ。。。




急いでお腹をマッサージpapertyphoon


気付けばウンチも出ていません。

いつもなら大量のウンチをばら撒いているのに、今日は全然落ちていないのです。

時折、盲腸フンを食べる様なしぐさをしますが、 今は盲腸フンの出る時間ではありません。

(たろちゃんの盲腸糞タイムはPM 4:00~PM 7:00くらい)

コロコロうんちを出そうとふんばって肛門を刺激しているのか、

お腹が痛くて自分でお腹を舐めようとしているのか、

体を丸めて、しきりとお尻の辺りを気にしています。


腹這いのごろ寝もできないみたいで、ずっと小さくなって座ったままです。


抱き上げて見てみると尿道口に濃い黄色の水滴が付いています。

ウンチを出そうとしてふんばると、おしっこが出てしまうみたいです。

その、ついでに出てしまうおしっこも 色の濃さからして水滴程度しか出ていないのだと思います。




部屋んぽを終了し、ケージに戻してからは、いつもウンチをする場所から動きません。




私が朝から出かけなきゃならないことなんてめったにないのに なぜこんな時に・・・

しかも、明日はたろちゃんのかかりつけの病院が休診日なのに・・・



困ったー! bearing


« 2014年10月 | トップページ | 2015年5月 »

はじめから読む

ランキング

相互リンク

愛用品

無料ブログはココログ